HOME
MDG
鋼材
記号
三斜
姿図

■レイヤコントローラー■
平面図や伏図をレイヤ階層で書くと他の階数や伏図を参考にしながら間違いを少なく書くことができます。又、柱や仕上・寸法線を別レイヤにすることは編集をしやすくすることができます。
この2つを同時にマニュアル操作で行うのは複雑すぎて不可能です。
この「レイヤコントローラー」を使用すると2つの機能を簡単に操作することが出来ます。
指定した階数をグループとして表示又は非表示(グレー)するので階数や伏図を立体的に考えて書くことができ、編集も簡単になります。
階数以外のレイヤ(たとえば敷地や通り芯)は別に指定できるのでどの階でも常時表示状態にすることができます。
更に図面仕上をビューポートで作成すれば、もっと使いやすいツールとして利用できます。
JWCADのレイヤシステムより扱いやすくなること間違いなしです。

パレット
●レイヤ_建築レイヤ作成 階数の数字だけでコントロール出来るため、その後に続く文字は自由に設定できます。(自動設定以外でも可能)
●レイヤ_指定レイヤへ移動 指定の階レイヤへ移動し他の階数は見えなくします。
●レイヤ_指定階を見せる 指定の階レイヤを見せる表示にします。
●レイヤ_指定階をグレイ表示 指定の階レイヤをグレイ表示にします。
●レイヤ_指定階を隠す 指定の階レイヤを隠す表示にします。

レイヤ_建築レイヤ作成ダイアログボックス
作成されたレイヤ

■使用例
平面図をコントロール
伏図をコントロール