プードルの標準年齢換算表
■プードルの寿命 プードルはもっとも長寿な犬種です。
  スタンダードプードルは14才〜15才・トイプードル共に14歳〜17歳と超寿命が期待できます。(勿論、個体差があるのでもっと長生きする子もいます)

但し、犬にとって10才前後が要注意時期です。

  他犬に比べて老齢になっても遊び好きで、体力が衰えにくいことがよくあるそうです。
  プードルは適切な世話をすることにより長生きしてくれます。
人間に換算 プードル 補足
1歳 1ヶ月 最低でも2ヶ月までは、兄弟と遊ぶことが重要なようです社会の第一歩を経験させてあげましょう。(犬のルールの勉強)
3歳 2ヶ月 ワクチン・予防接種
5歳 3ヶ月 躾と共にトイレの覚えは早いので教えてあげましょう。
小さいときからバリカンやコームに慣れさせる。(小さいので真似ですけど)
トリミング台で大人しくさせる事にも徐々に慣れさせていきましょう。将来、プードルにとっては絶対必要で重要なことです。
人間を家族と認識できるようになる。歯の生え替わり。生後91日以上の犬への狂犬病の予防注射の義務化。
保健所への登録。
徐々にしつけも始めましょう。
9歳 6ヶ月 本格的にしつけをしていこう。2回目のワクチン後に犬の社会を経験させてあげることも重要です。将来の性格に大きく影響があるようです。 家族の中での上下関係と自分の地位の確認を始める。 雄犬の発情が始まる
永久歯が生え揃う
毛が長くなってくると毛の手入れが必要です。そして、飼い主のグルーミング技術も磨く必要性が出てきます。(但し、ショートの子はかなり楽です)
13歳 9ヶ月 雌はこの頃に最初の発情を迎えます
17歳 1年 トイプードルは成長が止まります。成犬です。
大人のクリップで楽しみましょう。
20歳 1年6ヶ月 スタンダードプードルの成長が止まる時期です。
23歳 2年 人間の言葉の理解力が高い
28歳 3年 やや大人しくなる。(他の犬種よりハイテンションです。)
32歳 4年 人間の言葉(単語)はかなり覚えて行動も人間の幼児並みかもしれない。大人になるので精神的には落ち着き、体調に変化が出てくる頃。

犬によってはアレルギーが出始める時期でもあるので要注意です。(薬が効かないときは、免疫回復ジュースも犬の場合は効果が高いことがある)

36歳 5年 5歳以上での初産では妊娠中毒症に注意。
40歳 6年 一般的には肉体的な老化の始まり。
6〜7歳くらいからシニア食の開始
44歳 7年  
48歳 8年 激しい運動はしない方がよい、でも、遊ぶのが大好きなのがプードル
52歳 9年 内蔵が弱っている割に、テンションが高いスタンダードプードルは胃捻転を起こしやすい時期です。
56歳 10年 抵抗力が弱まり始める時期。皮膚にできものが出来たり、癌ができる可能性が高くなります。
定期検診が特に必要。
暑さ寒さや雨にも気を遣ってあげる

スタンダードプードルは、この時期から生存率が極端に減ってきます。

トイプードルはまだまだ元気。

60歳 11年 スタンダードプードルは体力は弱りつつあるが、気力で元気
64歳 12年 視力や聴力が弱ってくる時期

スタンダードプードルは、よく寝るようになり、急速に体重や筋力が落ちてくる時期です。ジャンプ力も無いので怪我に注意する。又、内臓疾患が現れる時期でもある。

68歳 13年 脚力が極端に弱る。(砕け落ちるように座る、又排便や立ち上がり、寝ることにも困っているようだ)、簡単な介護が必要。
腸の調子が毎日毎日一定でなく、排便の時間帯が一定でなくなる。食事は快調でよく食べる。
散歩より寝ることを好み、散歩をいやがる。
13才までの大型犬の生存率はかなり低い。
72歳 14年   
76歳 15年  
80歳 16年  
84歳 17年 長寿
88歳 18年  
92歳 19年  
96歳 20年  
     
この表は標準的なものです。個体差により異なります。
記述内容は参考資料です。絶対的なものではないので各自で判断することになります。詳しい事は動物病院等でお聞きください。
犬の体温 37.5°〜38.5°
犬に与えては行けない食物 調味料・香辛料が入ったもの 塩・砂糖他
海老・タコ・かに
椎茸・タケノコ・タマネギ
ピーナッツ類
サラミ
鶏の骨・鯛などの骨